「毛周期」とは?効率的な脱毛のために覚えておきたい基礎知識

全身の体毛には生えかわりのサイクルが あります。このことを毛周期といいます。
このサイクルは全身に生えているすべての毛に共通して存在しているのと、さらに部位によっても違いがあります。

一度抜けた毛が毛穴から完全に生え変わるまでは早い部位で2か月遅い箇所だと数年要する部位もあります。

仮に脱毛をする場合は部位によって毛周期が違うというところも考えて施術を行っていきます。

そのため部位によって脱毛する期間、回数、照射時間までも変わってきます。
そんな毛周期ですが、さらに細かく分けると

「成長期」「退行期」、「休止期」

の3つがあります。

3つ時期どれも毛の状態ではありますが、この成長サイクルが最も脱毛する際に重要なポイントとなってくるものです。こちらについて少し掘り下げて紹介していきます。

 

引用: Pexels

毛の成長サイクルは?

まず毛周期というのは毛が生え、伸び、抜ける、の3つのサイクルのことを言います。
そしてサイクルが3つ存在するということは、毛の状態も3つ存在します。
毛周期には大きく分けて3つの段階があります。

成長期

毛が一番活発で健康的な状態です。成長期の毛の中でもさらに細かく分けると
成長初期・成長期・成長後期の3つに分けられます。
① 成長初期・・・皮膚の下の毛乳頭で毛母細胞が分裂。新しい毛の誕生する期間
?成長期・・・栄養分を蓄えた毛が上に押し上げられる期間
?成長後期・・・毛が表皮の上に現れ、伸びていく期間

退行期

少しずつ細胞分裂が停止してくる時期になります。とくに毛と毛乳頭の結合が弱くって来る時期ですので、毛が抜けやすい期間です。

休止期

完全に毛が抜けた毛穴は次の毛を生やすための準備期間に入ります。この準備が終えると、
成長期にまた突入します。つまりこれが毛周期のサイクルとなります。
脱毛のタイミングと毛のサイクルというのはとても密接な関係にあるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close