電気脱毛こそが永久脱毛?受ける前に知っておきたいメリットとデメリット

脱毛には大きく分けて、エステや医院などで専用の器具を用いて行う脱毛方法と自宅にいながら自分で行える脱毛方法の2種類があります。

エステで行うものには、光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、電気脱毛(ニードル脱毛)などがあります。

なかでも「お金をかけてでも、痛みを我慢してでも永久に毛が生えてこないようにしたい」という人に対応しているのが電気脱毛です。

一方、自宅で行えるものには家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリなどを用いたものがあります。

脱毛を希望する動機は人それぞれです。施術は時間的にも費用的にもバリエーションがあるので、この中から自分に合ったものを選びましょう。

そのためにはそれぞれの脱毛方法のメリット・デメリット、おおよその費用などを深く知ることが大切です。ここでは以上の事を踏まえた上で電気脱毛についてご説明します。

 

引用:STLASSH

電気脱毛とは?

電気脱毛とは、別名「ニードル脱毛」とも呼ばれるもので、毛穴に直径0.05から0.15mmのニードル(プローブといわれる針)を一本一本刺していきます。

そして、毛根に10秒から20秒ほど直接微弱の電流又は高周波を流し込み、毛根部を破壊します。

破壊された毛根部では毛を生やす機能が失われるため、後述するように永久脱毛の効果が期待できます。

医院で使用するのは特殊コーティングを施した絶縁針で、エステで使用するのはアレルギーや皮膚へのダメージを軽減するため、チタンやゴールドで加工した針です。

このように皮膚に触れる針の部分には、やけどや色素沈着を防ぐために加工がされています。

そのため、適切なエステサロンなどで施術を行えば不用意に肌を傷つける心配はないでしょう。

また、針は基本的に使い捨てであるため、衛生上も問題はありません。
効果が高い分、他の施術方法に比べると危険性が高く、また、毛が生えている向きから毛根の位置や深さを的確に把握する知識と経験が必要になります。

したがって、エステで電気脱毛の施術を行えるのはCPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)取得者など資格を有するエステティシャンのみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close