脱毛時の打ち漏れとは?原因やケアの仕方を解説

打ち漏れの症状

脱毛を受けて効果を実感できない場合には、いくつかの要因が考えられますが、そのうちの一つが打ち漏れです。脱毛マシンから照射する光が正しく当たらないことで、打ち漏れ(照射漏れ)が生じてしまいます。脱毛を受けた後に、他の場所はツルツルになったのに、ある一部分だけ毛が残っている場合には打ち漏れの可能性が高いです。脱毛後すぐに打ち漏れに気がつくこともありますが、すぐに打ち漏れだとはわからない場合もあります。脱毛を受けた後から毛が抜け落ちるまでにはタイムラグがあり1~2週間後、または時間がかかったとしても3週間以内にはするりと抜けて落ちるのが普通です。つまり3週間以上時間が経って他の部分は抜けたのに、毛が抜け落ちなかった部分が出てきたら、そこが打ち漏れだということです。

 

引用:Pexels

打ち漏れは残った毛の形からも推測することができます。不自然に一部分だけ毛が残っていたり、線のように毛が並ぶように残っていたりしたらほぼ打ち漏れだと考えて間違いありません。また肌の凹みがある部分だけ毛が抜けないといった症状があった場合にも打ち漏れの可能性があります。まばらに毛が残るケースもありますが、これは打ち漏れではなく毛の生え変わりのサイクルの関係で脱毛効果を得られなかった毛です。

 

打ち漏れの発生する原因

打ち漏れの根本的な原因は、脱毛マシンの光が毛に正常に照射されていないということです。正しく照射されない理由は、人の体は変名の部分が少なく曲線や凹凸があるからです。骨なども体の表面に凸凹を作り出しているので、そのような場所を脱毛すると、均等に照射を施そうとしても、どうしても打ち漏れの可能性が出てしまいます。曲線や凸凹の部分では脱毛マシンのヘッドが浮き、打ち漏れが発生することがあります。高い技術力を持ち経験が豊富なスタッフであれば打ち漏れが起きやすい箇所を把握しているので、打ち漏れを少なくすることはできますがゼロにすることは難しいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close