レーザー脱毛でムダ毛以外の悩みも解決!色素沈着の症状・原因やケア方法とは?

色素沈着の症状

レーザー脱毛が原因でできる色素沈着は、レーザー照射した部分の水ぶくれや炎症が治った後にできることが多く、赤みを帯びた色がしだいに濃くなっていく症状が見られます。多くはやけどをした時のようなヒリヒリ感を感じたり赤いポツポツができたりしますが、数日で改善するケースもあれば、シミの色が濃くなるケースもあるなど、症状は人それぞれです。

 

色素沈着の発生する原因

レーザー脱毛とは、そもそも毛根組織を熱で壊すことでムダ毛の成長を阻止するものです。このため、レーザー照射後の肌は一時的にやけどを負った時のような状態になっています。炎症によって傷ついた皮膚が自らを守るためにメラニン色素を豊富につくり出すと、それが色素沈着の原因となることもあるのです。施術後の冷却が不十分であったり、技術者のスキルが足りなかったりした場合は、皮膚のやけど・乾燥状態が通常よりもひどくなって色素沈着が激しくなってしまうケースもあるでしょう。

 

引用:Pexels

色素沈着の発生しやすい部位

通常の色素沈着は、紫外線によるダメージを受けやすい部分や、衣類による摩擦など外的な刺激を受けやすい部分にできる傾向があります。ただしレーザー脱毛では、毛が多く集まる部分や濃い毛がある部分にレーザーが強く反応することがあるため、ムダ毛が多い部分ほど色素沈着の可能性も高くなると言えるでしょう。

 

色素沈着のケア方法とストラッシュの対応

色素沈着は一過性のものもありますが、一度できると改善しにくくなるものもあります。何より、従来のレーザー脱毛では、ダメージを受けている部分のムダ毛処理はできなくなるため、色素沈着の悩みとともに、ムダ毛処理が滞ってしまうという悩みも発生してしまうのです。そこで、色素沈着のケアまでを考えて脱毛したい場合有効的となるのが、「ストラッシュ」とも呼ばれる「SHR脱毛」です。SHR脱毛は、従来のレーザー脱毛のように毛根細胞のメラニン色素に働きかけるものではありません。ムダ毛をつくり出す部分を包むように存在する器官である「毛包」に作用するため、メラニンに反応するリスクがないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close