【徹底比較】医療脱毛と脱毛サロンはどちらがいいの?

毎日ムダ毛の自己処理をし続けるのは面倒!だから永久脱毛したい…とお考えの方。「医療脱毛」「脱毛サロン」の違いをみていきましょう!

 

知らなかった!永久脱毛できるのは医療脱毛

どんな脱毛も続ければ「永久脱毛」ができると思っていませんか?
実は「永久脱毛」は医師のいる病院やクリニックなどの医療専門機関でしか行なえません。強い出力のあるレーザー脱毛器を使って、毛根にある毛乳頭などの細胞を破壊することが、医療に相当するためだと厚生労働省が定めているからです。

つまり、
医療脱毛は永久脱毛の効果がある。
脱毛サロンは一時的な減毛・抑毛を目的としてる。
ということになります。

 

引用:Pexels

 

医療脱毛(レーザー脱毛)と脱毛サロン(光脱毛)の仕組みの違い

医療脱毛(レーザー脱毛)

医療用のレーザー脱毛器を使った脱毛方法です。メラニン色素を利用し、毛根周辺の細胞(毛乳頭や毛母細胞など)を破壊し永久脱毛の効果を得る脱毛方法です。医療用なので、医師のいる病院やクリニックなどの医療機関でしか施術をおこなえません。

脱毛サロン(光脱毛)

肌に光を照射してメラニン色素のある毛根周辺にダメージを与えて、抑毛・減毛を促す方法です。「IPL脱毛」「SSC脱毛」「SHR脱毛」「ハイパースキン法」というような脱毛方法があります。メカニズムは医療脱毛(レーザー脱毛)と同じですが、光脱毛器は照射パワーが弱くなります。

 

資格・効果・回数・期間の違い

医療脱毛

  • 医療機関なので資格を持った看護師が脱毛の施術を行います。
  • 有資格者だからこそ使用を許可されている、強力なレーザー脱毛機を使用する事ができます。
  • 医師の診察があるので、肌の状態をしっかり診断し、痛みや肌あれ等、万が一のトラブルがあった際にも迅速に的確な対応がとれます。
  • 部位にもよりますが、平均5回〜8回で完了します。
  • 毛周期によりますが、通院期間は約8ヶ月〜1年半です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close