これからの脱毛サロン!未来の脱毛サロンの人気はどう変化する?

長引く景気低迷のあおりを受け、消費者の財布の紐がなかなか緩まない状況が続いています。

そんな中、脱毛サロン業界の伸びは順調。年々拡大を続けています。

皆さんも身近な方が脱毛を始めたり、街中でサロンの看板を見掛けたりと、「脱毛、流行しているな」という実感をお持ちでは?

 

特にサービスを絞った「脱毛専門サロン」は好調で、今や売り上げが、総合エステ店を押さえるほどに成長しています。

 

引用:Pexels

 

ある種絶頂期。現在の脱毛サロンの形。

こんなに脱毛が一般化したのは、割と最近のことで、痛みなく処理できる光脱毛が普及した2000年以降のお話となります。

それ以前主流だったニードル脱毛は、痛みも強烈、しかも高い…と生半可な覚悟では手を出せないシロモノでした。

2000年以降、光脱毛を希望する人が増え、それにつれサロンの数も爆発的に増大。

 

サロン間の競争激化に加え、リーマンショック、震災と、打ち続く厳しい社会情勢の中、よりシビアになった消費者の目にも鍛えられ、今や脱毛サロンのサービスは空前絶後の質の高まりを見せています。

「無理な勧誘ナシ」「低価格」「確かな技術力」と、三拍子揃っているのは当たり前。

豪華な会員特典や、脱毛終了後、再生したムダ毛の面倒も見てもらえる永久保証など、「これで採算はとれるのか?」と思うほどのサービスを、各社競っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close