脱毛はできません!脱毛サロンで断られてしまう理由と状況とは?

脱毛前に知っておきたい脱毛のタブー

脱毛サロン美容クリニックの増加により価格が下がり、以前より気軽に始められるようになった脱毛。

使われるフラッシュや医療レーザーの安全性は高いのですが、毛根にダメージを与える以上、体への影響が全くないわけではありません。

 

安全に脱毛を受けるために、
「脱毛前後にしてはいけない行動」
「脱毛を断られるケース」
知っておきたい脱毛のタブーをまとめました。

 

引用:Pexels

 

脱毛前後にしてはいけない行動

まずは脱毛前後にしてはいけない行動です。こちらは大きく2つのパターンに分けることができます。

1.毛周期を狂わせる行動は×
2.肌の炎症を悪化させる行動は×

脱毛は黒色に反応するフラッシュやレーザーを照射し、毛根を破壊して行います。破壊できるのは、黒色が強いメラニンたっぷりの成長期の毛根だけです。
このため毛の成長サイクル(毛周期)のタイミングを計りながら、2~3か月ごとに照射を繰り返す必要があります。

 

またフラッシュやレーザーは熱を発するため、照射後の肌はごく軽い炎症状態になります。

以上の脱毛のメカニズムにより、「1.毛周期を狂わせる行動」「2.肌の炎症を悪化させる行動」がタブーになります。

具体例を挙げてみます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close