男性の腕脱毛って?効果の出る施術回数やリスク・正しいアフターケアとは?

男性の体毛は男らしくてステキ!なんてのは昔の話。男性にも美意識が求められるようになった昨今では、美容に力を注ぐ男性も珍しくはありません。意中の女性とイイ感じになってきたにも関わらず、サワサワっと生えている腕毛を女性に見られ、ヒカれてしまうのは悲しいですよね。

また、料理人やパティシエ・接客業といったお客様と直接触れあうお仕事の男性にとっては、お客様からの印象を悪くしないために、濃い腕毛はケアしていたほうがよいかもしれません。そこで、腕毛にお悩みの男性に向けて「腕脱毛の効果が出る施術回数」「腕脱毛のリスクと正しいアフターケア」について解説します。

 

腕脱毛の効果が出る施術回数とは?

腕脱毛はエステサロンで行なう「脱毛サロン」と医療クリニックで行なう「医療脱毛レーザー」の2つの方法があります。一般的に脱毛サロンのほうが施術料金が安く痛みが少なく、医療脱毛レーザーのほうが施術料金が高く痛みも強いといわれています。一方で脱毛サロンは何度もサロンに通う必要があり、医療脱毛レーザーは少ない回数で脱毛が完了する傾向にあります。

 

引用:Pexels

 

腕脱毛の施術は合計で6~12回ほど

腕脱毛は継続して何回か施術を行なう必要があります。先ほども触れたように、医療レーザー脱毛のほうが、1回あたりの脱毛効果は高いので回数は少ない傾向にあります。一般的には脱毛サロンは合計で6~12回ほど施術を行ない、治療期間は1年半から3年ほどといわれています。医療レーザー脱毛は合計で6~8回ほど施術を行ない、治療期間は1年半から2年ほどといわれています。

もちろん、どの脱毛サロン・医療クリニックの施術を受けるかによってプランは異なりますので、あくまで参考として捉えていてください。

 

1回あたりの施術時間は30分~1時間ほど

腕脱毛はおもにレーザー脱毛か光脱毛で行なわれます。レーザー脱毛は医療行為にあたるので医療従事者が担当し、永久脱毛が可能です。光脱毛は医療行為ではなく美容施術にあたり、永久脱毛は難しいですが減毛や不再生脱毛が可能です。それぞれの1回あたりの施術時間は30分~1時間ほどといわれています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close