ピンセットでのムダ毛処理って実際どうなの?

ひとくちにムダ毛処理といっても方法はさまざま。その中のひとつ、ピンセットを使った自己処理は、狭い範囲であれば比較的手軽に行えますが、長い目で見ると肌トラブルの原因にもなるとか。ここではピンセットを使ったムダ毛処理のメリットや、気をつけたいポイントなどについてお伝えしていきます。

ピンセットでの自己処理のメリット

ピンセットで自己処理をするメリットは、一度毛を抜くとしばらくは表面に毛が出てこないことです。自己処理の際にカミソリを使用すると、生えてくるのが早いので多ければ毎日、少なくとも一週間に一度は処理をする場合が多いようです。一方ピンセットを使えば、カミソリで処理した場合よりも長い期間毛が生えてこないため、処理が楽になるというメリットがあります。

 

引用:ぱくたそ

 

肌が弱くてカミソリ負けしてしまう人も、ピンセットで処理をすればカミソリ負けによる肌荒れを防げるので、自己処理の方法のひとつとして定着しているようです。さらにピンセットで一度抜くと、次に生える毛が細くなることもあるので、肌の表面がジョリジョリするのが気になる人にも良いですね。ピンセット1本あればいいという手軽さも、コストを抑えたい人にとってメリットといえるでしょう。

 

気になるのは肌へのダメージ

しかし、ピンセットを使った処理は、長い目で見るとやはり肌へのダメージが気になるところです。根本からきれいに抜いているつもりでも、実際は毛を引きちぎっているだけだったり、毛穴を傷付けたりしている場合があります。ピンセットでの自己処理は毛穴を傷めやすく、毛穴に雑菌が入り込んでしまうと炎症が起きることもあります。

ピンセットで毛を抜くと肌の表面に小さな穴が開くので、皮膚がそれを傷だと見なし、修復しようとしてかさぶたのようなものが作られます。その結果、毛穴がふさがり埋没毛になる可能性があるのです。また、ピンセットなどで何度も自己処理を繰り返すことは肌に負担をかけ、色素沈着や黒ずみなどの原因にもなります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close