脱毛はどこで行うべき?エステサロンと美容クリニックの違い

ムダ毛の処理は女性の永遠のテーマですよね。自宅での間違ったケアを行なっていると、肌を傷つけてしまうことは今更多くを語らずともすでに常識です。そこで、一生ものの綺麗でツルツルな肌を手に入れるためには、手っ取り早くプロの手を借りる永久脱毛を検討する方も多いのではないでしょうか。
そこで、エステサロンと美容クリニック、どっちを選べばいいのか分からない!そんな疑問を抱いている方も多いと思います。
上記でも述べましたが、エステサロンと美容クリニックでの脱毛は、美容機器を使用しているか医療機器を使用しているかの違いがあります。とは言え、巷には脱毛ができるサロンや施設はたくさんあり、使用している機器自体も、光脱毛やレーザー脱毛などと言う名称で、エステサロンと医療機関で使用しているものと比べてもほとんど変わらないのではないか?と思うものもあるのは事実です。ですが、そこには明確な差があります。
 

引用:Pixabay

 

まず前提として、エステで行う脱毛の目的は、減毛です。日本では法律上、永久脱毛を行うことができるのは、医療機関のみと定められています。
永久脱毛の定義は、一般的にアメリカの電気脱毛協会やFDA(日本の厚生労働省に相当する政府機関)を用いられて表現されることがあります。

それによると、永久脱毛とは

・脱毛施術1カ月後の時点で、毛の再生率が20%以下であること

と定義されています。また、そもそも脱毛の行為とは何か、日本の厚生労働省は下記と示しています。

・用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

毛に栄養を与えて育毛を促進させる元となっている細胞を破壊し、死滅させないことには毛は永遠と成長を続けます。そしてこれは治療行為にあたります。そのため脱毛とは、医療機関でかつ医師による行為のみであることが医療機関のみで行える所以になっているのです。

一方、減毛の明確な定義は実は存在していません。ですが毛にはそもそも毛周期があり、強いエネルギーである程度のダメージを与えることで、毛周期のサイクルは通常より遅くなり、視覚的に減毛の状態が長期間続くことはありえます。
このような違いから、医療機器で行う脱毛は効果が早く、エステサロンで行う減毛は、回数を重ねる必要があると言われています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close