医療脱毛とエステ脱毛はどう違う?効果の現れ方や使用機器まで徹底比較!

「永久脱毛」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。そのままの意味を考えると、「永久にムダ毛が生えてこなくなる」と思いがちですが、「最後の脱毛の施術から1ヵ月後に生えてくる毛の再生率が20%以下」が正しい定義です。

実際のところ、永久脱毛を受けることで、ほぼ完全にムダ毛が生えなくなるのですが、まだまだデータが蓄積していないため、半永久的な効果があるかどうかがわからないのです。

そして、永久脱毛できるのは医療脱毛です。エステ脱毛は、永久脱毛ではなく、広告に「永久脱毛できる」と記載することも法律で禁止されています。

 

引用:Wi Clinic

医療脱毛とエステ脱毛の効果の違い

医療脱毛とエステ脱毛は、どちらも毛の黒い色素であるメラニンに反応するレーザーを当てて、熱によって発毛組織に影響を与える方法です。異なる点は、発毛組織に対するダメージの程度です。発毛組織を破壊するような施術は、医師が常駐する医療機関でなければ行えません。

そのため、医療脱毛が発毛組織を破壊することに対し、エステ脱毛は発毛組織にダメージを与えるだけとなっているのです。

発毛組織を破壊できることで、永久脱毛が可能になります。エステ脱毛では、発毛組織を破壊できないため、いずれムダ毛が再び生えてくると考えられます。

使用する機器の違い

医療脱毛では、高出力のレーザー機器を使用します。そのため、発毛組織を破壊できるのです。エステ脱毛では、美容ケアにも用いられる低出力のレーザー機器を使用します。光脱毛と呼ばれており、家庭で使用することが認められているほどに低出力のため、発毛組織に十分なダメージを与えられません。

一時的に毛の量を減らすことはできても、完全に生えなくすることはできないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close