医療脱毛とエステ脱毛(脱毛サロン)の違い

いざプロに脱毛してもらおうと思って探すと、皮膚科などクリニックで行う「医療脱毛」と、エステサロンや脱毛サロン(専門店)などで行う「美容脱毛」がある事に気付くと思います。

では、「医療脱毛」と「美容脱毛」の違いは、簡単に言うと”照射出力の差”です。 パワーが違う分、脱毛の効果・回数・痛みなどに差が出てきます。

実際に医療脱毛と美容脱毛の特徴と合わせて比較してみましょう。

 

医療脱毛

ニードルや医療用レーザーを使った脱毛が一般的ですが、照射パワーが強いため、強い痛みが伴います。その分、脱毛効果が高く、毛を作る組織を早期に破壊できるので、早ければ5〜6回の施術で毛が生えてこなくなります。ただし、肌への負担が大きく、費用もわりと高額です。

また、毛が完全に生えてこなくなる「永久脱毛」は医療行為と位置づけられているため、「永久脱毛」と謳えるのはクリニックのみになります。医師免許を持った医師による医療行為なので高い出力で照射でき、毛を作る細胞や毛乳頭を破壊します。

 

引用:la coco

 

美容脱毛

光(フラッシュ)やIPLが主流ですが、いずれも照射パワーが医療より穏やかなので、痛みは医療脱毛程ではありませんが、輪ゴムで弾かれたようなパチンとする痛みはあります。最近ではラココのSHR方式のように痛みを伴わないものも。

美容行為としての施術なので、だんだんと毛が細くなって目立たなくなります。肌への負担が少ないですが、一般的には12〜18回は通う必要があります。費用は医療脱毛よりも比較的リーズナブルです。

なお、家庭用の美容脱毛機もこの分類に入ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close