脱毛をスタートするのに一番適した季節をご存じですか? それは脱毛中の肌を厚着で隠すことができて、薄着になる季節に間に合う…冬の初めです。

秋・冬は脱毛真っ盛りのシーズンなのですが、実は多くの方が不満に思っているのが施術中の「寒さ」。何がそんなに寒いのか、温速脱毛は何故寒くならないのか。紐解いてまいります。

 

ジェルの違い

脱毛方式によって使用するジェルが違う

脱毛マシンを肌の上で滑らせる上で、とろっとしたジェルは欠かせないものです。ただ肌表面に高負荷がかかる脱毛方式の場合、とても冷たいジェルを使用することがあります。

これは肌を冷やすことで痛みを低減する為と、刺激を受けた肌の炎症を防ぐ目的と言われています。どちらもとても大切なことですが、全身脱毛で裸になっている時に、体中にこのジェルを塗られると震えるような寒さが(特に冬は…)。

引用:Ruam Ruam

 

温速脱毛では、そもそも肌表面への負荷を抑えていることに加え、肌に直接当たる小さな照射面がマイナス4度まで冷える氷結照射機能を搭載することで、全身が寒くなるようなことの無い、常温のジェルを使用することが可能になっています。

照射するスポットはヒヤっとした冷感がありますが、それ以外はスゥっと爽やさを感じる程度の体感です。寒さに我慢できずに脱毛を途中で諦めてしまった方も、ぜひ温速脱毛で再チャレンジしてみてください。

 

施術はこのような感じです

刺激から守るジェルにはヒアルロン酸+コラーゲン配合

施術箇所には、照射前に常温のスムースジェルを薄くのばしていきます。これは照射面を肌の上で滑らせる時の摩擦から肌を守る為です。

このジェルには保水力の高いヒアルロン酸とコラーゲンが配合されていますので、脱毛しながら肌が乾燥しすぎないように同時ケアすることが可能です。

また、少しの時間でスっとお肌に吸い込まれて行くような浸透性の高いジェルですので、術後のベタ付きなどのご心配もございません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close