ニードル脱毛の痛みの強さと期待感に繋がる永久脱毛の効果

脱毛方法といえば、今や光やレーザーを使ったやり方が主流で、不快感なく効果が得られるのが利点です。
しかし、永久脱毛の歴史の中には、ニードル脱毛という方法が存在しており、今でもその技術に興味を持つ人が少なからず存在しています。
今の所、ニードル脱毛は永久脱毛の主流からは外れていますが、痛みと引き換えに得られる効果は絶大、というのが多くの経験者による評価です。

勿論、どれだけ永久脱毛の効果が優れていても、ニードル脱毛が耐えられる痛みでなければ、誰にでもおすすめ出来る選択肢にはなりません。
ただ、ニードル脱毛を選択する予定はないにしろ、痛みや効果の特徴を理解することで、永久脱毛の知識をより深めることが出来ます。
過去にはそのような方法が主流だったと理解することによって、現在主流の方法と相対的に比較したり、どれを選べば良いかもっと詳しくなれるでしょう。

引用:脱毛つる子の!人気脱毛TOP5

 

また、現在でも提供してる施設はありますから、興味を持ったり強力な結果を得たいのであれば、選択肢の一つに加える切っ掛けとなります。
痛いのは誰でも嫌なものですが、それが耐えられる程度なら、他の方法を選択した場合とは違った結果に結び付きます。
毛は毛根からスッキリしますし、再び生えてくる心配も殆どないので、人によっては最善で有力な選択肢となり得ます。
選択を検討するならまず、理解を深めるのが一番大切なことで、それからリスクを踏まえ最終的に判断することがポイントです。

 

毛根から毛を根こそぎ取るニードル脱毛

ニードル脱毛の特徴は、電極となる針を毛穴に刺し込み、毛根に対して電流を流す点にあります。
毛穴に針を刺し込むので、人によってはこの時点で既に痛くなりますし、耐えられなければ継続するのは困難です。
所が、痛みに耐えられれば効果は絶大で、二度と毛が生えない永久脱毛の結果に繋がります。
電流を受けた毛根は、ダメージを受けると毛母細胞の活動を止め、完全に活動が停止した後に自然と毛が抜け落ちます。
無理に引き抜く必要がないので、この点が物理的な脱毛方法とは違いますし、痛みは施術時のみということになります。
具体的に毛が排出されるまでの期間は、毛根の状態や個人差によりますが、通常は1週間から2週間後に抜け始めるでしょう。
料金がやや高いのも特徴で、金額もニードル脱毛のネックとなっていますが、永久脱毛の効果を踏まえれば納得や理解が出来ます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close