脱毛に行く前の自己処理まとめ!何日前に剃る?処理方法は?

脱毛に行く前にはムダ毛を処理しておく必要があります。ただ、初めての脱毛の場合、どのように処理していけばいいのか見当もつきませんよね。

間違った方法で処理してしまうと肌を傷つけたり施術をしてもらえなかったりすることもありますので、脱毛の事前処理についてしっかり学んでおきましょう。

 

なぜ脱毛前に事前処理をしなければいけないの?

脱毛の施術前にはムダ毛の処理をしてくるように、サロンやクリニック側から説明があります。そもそも、なぜ事前処理が必要なのでしょう?これにはいくつかの理由があります。

 

引用:脱毛研究室  ポストセブンlab.

 

まず、毛が伸びたままだとフラッシュやレーザーが過剰に反応してしまい、やけどなどのリスクが高くなる可能性があります。また、しっかりと毛根まで熱が伝わらず、脱毛効果が落ちてしまうのです。

ムダ毛が未処理の状態ではデメリットばかりなので、サロンやクリニックでは剃り残しがあるとそこを避けて施術したり、そもそも脱毛を断ったりといった対応を取ります。施術できなければ元も子もありませんので、事前処理はとても大切なのです。

 

ムダ毛の正しい事前処理方法は?

事前処理は必須ですが、正しいやり方でムダ毛処理をしなければかえって脱毛の効率を下げてしまいます。脱毛に行く前に正しい処理方法をマスターしておきましょう。

 

毛抜きはNG!電気シェーバーで優しく剃毛しよう

自己処理の方法にはカミソリや毛抜き、シェーバー、除毛クリームなどさまざまな種類がありますよね。その中でも、脱毛の事前処理として推奨されているのは「電気シェーバー」を用いた方法です。

一般的に脱毛は毛根にダメージを与えますから、毛根から引き抜いてしまう毛抜きやワックスはNGです。また、カミソリのように肌を傷つけやすい方法も脱毛効率を落としてしまうので、できるかぎり肌に優しい電気シェーバーで処理をしましょう。

 

脱毛の1~2日前に事前処理をするのがおすすめ

脱毛の際は毛が2~3mmくらい生えている状態がベストです。当日剃ってしまうと表に出ている毛が短すぎて、逆に脱毛の効率が悪くなってしまいます。人によって生えてくるスピードは違いますが、おおむね1~2日前に処理をしておきましょう。

また、シェービング後から脱毛の日まではしっかり保湿をしてあげましょう。そうすることで、より早く肌のダメージを回復させることができ、施術時の肌への負担を最小限に抑えられます。シェービングだけでなくこういったケアも並行して行いましょう。

 

手が届きにくい部位の事前処理はどうすればいい?

背中うなじVIOのような手が届きにくい部位の自己処理方法は悩みますよね。実は、手が届きにくい部位の処理は、サロンやクリニックごとに対応が異なります。

背面のムダ毛はスタッフが剃ってくれることが多いのですが、VIOは自分である程度処理していく必要があります。では次に、VIOの自己処理方法のコツを確認しておきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close