脱毛サロンでまさかのNG!?自己処理はどこまで行うのが正解なの?

脱毛サロンに行く時に、自己処理はどうすればいいのか、不安に思う方も多いようです。

脱毛サロンに契約を申し込んだ時や、初回の予約を取った時に、自己処理についての説明は通常あります。しかし、なぜそうすべきなのかを知らなかったり、どこまで自己処理をすべきなのかを忘れたりすることもあるでしょう。

そこで今回は、脱毛サロンで施術を受ける前後の自己処理について、詳細をご紹介していきます。

 

引用:4MEEE

 

そもそも、脱毛ができる部位はどこ?

脱毛は、ほぼ全身の部位が対象となっています。

まず1番人気の脱毛部位は、ワキ。
自己処理をすると最も色素沈着しやすい箇所なので、みんな脱毛処理をしたくなるんですね。

腕も人気の部位の一つ。
夏などは特に人目に付きやすいところですし、冬でも処理は欠かせないという方も少なくないはず。

そして最近人気なのが、VIOライン(デリケートゾーン)です。
自己処理が難しい部位ですし、水着の時にムダ毛を気にしなくて済みます。
また、温泉で毛深くて恥ずかしい思いもしなくて済みますね。

さらに、意外にも注目を浴びている部位が、鼻下やアゴといった、顔全体の産毛脱毛。
服で隠すことができないところである上、肌の中では特に繊細なので、脱毛サロンで処理をしたいと考える方が多いそうです。
ただし、顔の脱毛は、全てのサロンで必ずしもできるとは限りません。
全身脱毛に含まれていないケースもありますので、サロン選びの際には注意してくださいね。

その他にも、脚・背中・胸・お腹・うなじ・襟足・指などの脱毛ができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close