ムダ毛の自己処理の方法は?肌を傷つけない正しい処理方法とは

ムダ毛を自己処理するときは、肌を傷つけないように注意しましょう。間違った方法で自己処理すると、ニキビや湿疹、埋没毛など様々なトラブルが起こる恐れがあります。ムダ毛を解消できても、肌トラブルが起きては元も子もありませんよね。

そこで今回は、肌を傷つけない正しい自己処理の方法を詳しくご紹介します。

 

ムダ毛の自己処理では、シェーバーを使いましょう。電気シェーバーでもいいですが、根本から毛を取り除けないため、ぽつぽつとした短いムダ毛が残る恐れがあります。次のように処理していきましょう。

引用:Wi Clinic

 

シェービングクリームやジェルを塗る

必ず、シェービングクリームやジェルなどの円滑剤を塗りましょう。円滑剤を塗らずに処理すると、ムダ毛がシェーバーに引っかかったり肌を傷つけたりして、肌トラブルが起こります。また、自分の肌に合ったものを選びましょう。

肌が弱い場合は、敏感肌用のものを選ぶことが大切です。

シェーバーで処理していく

ムダ毛の流れに沿って、シェーバーを滑らせましょう。できるだけ1回で処理したいところですが、どうしても残ってしまう場合は、もう1回同じ方向へ滑らせてください。仕上げに、1回だけ逆剃りをします。

逆剃りは肌への負担が大きいため、必要最小限に留めましょう。また、しっかり円滑剤を塗っているのに引っかかりを感じる場合は、シェーバーが刃こぼれしていたりサビていたりする可能性があります。

丁寧に洗い流す

円滑剤と処理したムダ毛をぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。熱すぎる湯で洗い流すと、肌の水分の蒸発を防いでいる皮脂まで落としてしまうため注意が必要です。

保湿ケアする

正しい方法で自己処理をしても、肌の角質が削られて乾燥しやすい状態となります。そのため、自己処理後は必ず保湿ケアをしましょう。化粧水や美容液で水分を補給し、乳液やクリームで油分を補給してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close