なぜ女性は「V・I・O」をツルンツルンにするか

「両ワキ+Vライン脱毛が250円!」
「医療レーザー脱毛1パーツ1000円!」

テレビや地下鉄のドア付近などでしばしば見かける脱毛サロンや美容クリニックの広告。季節が夏から秋に移っても「今こそ脱毛です」と謳っているのはどういうことか。

「エーダツはね、時間をかけてやるものなんです。来年の夏に向けて、準備が始まっているんですよ」

 

とは、アキコさん(25歳)。エーダツとは永久脱毛のこと。今からせっせと毛を抜いて、夏にツルスベ肌を目指すらしい。

引用:ぱくたそ

 

脱毛経験のない私だが、今回、複数の女性の話を聞いて、まあ驚いた。

一昔前まで美容脱毛といえば、ワキや手足がメインでその金額も10万円単位だった。それが、脱毛方法、金額、部位などすべてにおいて時代とともに変わっていたのである。

4年前から脱毛専門サロンで全身脱毛を行っているアヤさん(34歳)はこう語る。

「サロンに通うまでは、手足はもちろんワキもボーボーの状態でした。脱毛には『痛い、高い』といったイメージがあって。ひたすら自分で剃ったり、抜いたり。あるとき友人に『今は安いし、痛くないよ』と言われ、大手のサロンへ。ワキだけのつもりが、説明を聞いているうちに自然に、パーツが選べる全身コースを契約。金額は10万円弱。勧誘とかはなかったですよ。ただ、そのサロン、会員数が多くて、なかなか予約が取れない。少なくても3カ月待ち。予約日をキャンセルした場合、次の予約はまた3カ月後。結局、ワキや腕、脚、背中など全身の脱毛が終わるのに3年以上かかりました」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close