大人の脱毛がブーム?脱毛クリニックに聞く「40代女性の脱毛事情」

「介護脱毛」という言葉を耳にしたことはありませんか? これは親世代の介護に携わる女性たちが、実体験に基づき、ムダ毛は衛生面からもケアしておいたほうがいいという考えの下、自分は早々に脱毛をして備えておこうという考え方に基づく脱毛です。

 

そういった考えや、女性としてのたしなみとして、話題になっている「大人の脱毛」。今回は、大人女性の脱毛事情や、医療脱毛を受ける際のおすすめ部位やポイントなどを、医療レーザー脱毛を行うフェミークリニック 美容皮膚科の総院長 北山英美子先生に教えていただきます。

引用:Pexels

 

40代以上の女性の脱毛は増えている?

実際のところ、フェミークリニックでは40歳以上の女性の脱毛は増えているのでしょうか?

「以前、『介護脱毛』という言葉で、あるメディアにて取り上げていただいた後、とても反響があり、ご相談にいらっしゃる方が増えたと思います。当院も開院して16年が経ちますが、以前より介護福祉士の職業の方から『自分が介護をされる立場になったときのことを考えて…』というお話を耳にしていたので、やはり同じ悩みを抱えている方が多いのだと実感しています」

 

40代以上の女性が脱毛を考えるきっかけは?

40代以上の女性が脱毛をしたいと思うきっかけは、介護脱毛目的の他には、どのようなことがあるのでしょうか。

「もちろん、介護脱毛を理由にされる方も多くいらっしゃいますが、お子様がムダ毛を気にするようになり、一緒にカウンセリングを受け、そのまま親子でご通院される方も多いです。10数年前まではニードル脱毛が主流で、医療レーザーもまだまだ高額のところが多く、医療脱毛にはそれほど惹かれなかった世代の方が、近年は当時に比べるとだいぶ価格も下がってきましたので、始めてみようと思われる方が多いようです」

そして、大人女性の美容意識が高まっていることも背景にあるようです。

「お顔の美肌脱毛を希望される方も多くいます。気がついたら鼻下がフサフサで…とおっしゃる方も少なくありません。定期的な手入れも面倒であることと、肌荒れで悩まれる方が多いこともあり、脱毛をご希望される方が多くいらっしゃいます」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close