【VIOの脱毛問題】ブラジリアンワックスとレーザー脱毛の違いって? 結局どっちがいいの?

日本でもVIOのケアは当然のエチケットになってきている今、誰もが気になる「VIOの毛問題」。水着を着たときにうっかりはみ出していた、なんて想像しただけで背筋も凍る事態です。

 

いつでも薄着になれるボディを手に入れるべく、ブラジリアンワックスとレーザー脱毛それぞれの特徴と違いを徹底解説します!

引用:VoCE

 

レーザー脱毛とは?

毛の黒い色素(メラニン色素)に反応するレーザーを使用した脱毛法のこと。レーザーの熱エネルギーが、毛を作り出す毛母細胞に栄養を届ける毛乳頭を破壊。すると毛母細胞が毛を作り出すことができなくなり、結果毛が生えてこなくなります。しかし完了までには部位ごとに複数回施術を受ける必要があります。それは毛周期があるから。そのサイクルは大きく、毛が成長する「成長期」、成長が止まり毛が抜け落ちるまでの「退行期」、発毛が泊まる「休止期」の3つに分けられます。レーザー脱毛の効果があるのは「成長期」のみ。「退行期」や「休止期」に照射しても反応しないため、それぞれの「成長期」にあわせて複数回施術する必要があります。クリニックや使用するマシンによって必要とされる施術回数は変わってきます。

 

痛みはどのくらい?

痛みを例えるなら輪ゴムではじかれたくらいといわれています。痛みの強さは施術部位によって異なり、一般的には毛が太くて濃いほど強くなります。マシンによってレーザーを照射しながら冷却する機能があるなど痛みを抑える工夫はさまざま。痛みに弱いひとは、マシンの特徴まで確認してクリニックを選ぶのがオススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close